洋服屋さんの店員さん

台湾にいたとき、いつもお洋服屋さんでちょっと好きな服を取ったら、すぐ店員さんが隣でよく似合うよって言われてた。本当に買って帰ったら、後悔する方が多かった。日本に来てから、こっちの方が可愛いお洋服がいっぱいあるのが気づいて、うれしかった。私の方が小柄なので、台湾で買ったものはよくサイズ合わなかった。でも日本のデザインなら小柄の人に合わせて小さい服を出してる方が多い。そのうちに、デザインもよくて、買えばほとんど後悔しない。
だからバンバン買ってしまう。バーゲンで価格が下がるなら余計沢山買ってしまう。店員さんはどの国でも同じ、服をちょっと合っててみたらすぐ褒められてくる。客の財布のひもを緩めるものだからね!

役員さん

昨日娘の幼稚園で年中さんの母の総会があって、10時半で幼稚園に行きました。今年のお遊戯会の服のデザイン発表と席順を決めて、あと服のお金を払う。娘の幼稚園は毎年お母さんたち自分でお遊戯会の衣裳を作ってるのは伝統です。デザインは先生が決めるけど、その後の製作、説明書を書くのも全部役員さんたちの仕事です。役員さんはみんなそれぞれの衣裳を担当になって、一人一人の作業なんですが、チームワークじゃなくてかなり大変だと思う。
ミシンが得意な人なら一人で説明書を書くのも大丈夫ですが、ミシンができない人なら、説明書も詳しくかけないので、逆に迷惑になってしまうんだ。今年の衣裳はワンピースだけで、
去年のと比べたら簡単そうです。生地をもらうまでお楽しみに。

楽しく飲酒

まぁ体質的に飲めない人にはかわいそうな話ですけど、私は夜になったら、ちょっとだけでもいっぱいくらい程度のワインや焼酎を飲みます。アルコールは肝臓と神経細胞に直接害を与え、上部消化管に強い刺激を与える。しかし、アルコールは気分をリラックスさせ、心臓血管系を強化させ、HDLコレステロールの生産をたすけるという利点もある。
だから胃や肝臓を壊したリアル中になるほど飲むのは問題ですが、一日たっぷり働いて、ご褒美的に一杯ひっかけるぐらいは神様も許してくれるでしょう。
お酒は食事を美味しくしてくれるし、華やいだ気分にもさせてくれます。ほろ酔い気分で楽しくなるので、天然の抗鬱剤でもあるのです。私は夜はワイン一杯と決めています。

手裏剣

先週幼稚園のカーニバルでマンションの男の子一人は忍者に化けました。お母さんも折り紙を買って手裏剣を40個も作りました。手裏剣を作るのは相当難しそうです。日本人のママならみんな作れそうですね。娘は手裏剣もほしがってるのでママ作ってって言いましたらこの前頑張って作りました。
見本もないままで想像力を使って1時間もかかってやっと一つ完成しました。ものすごく大変です。一枚の折り紙を二つに分けて折りたたむとき正反対にしないと合体できない。特に合体するときの折りたたむが難しいです。
そのことを近所のママたちに言いましたら皆笑った。確かに最初は30分以上も時間をかかったよってみんな優しく言いました。外人の関係ではなくみんなも同じようにおっしゃてるのを聞いたら安心しました。

忙しい生活

おととい食欲たいへんよかったせいで晩御飯は食べ過ぎようにしてしまった。毎晩ちょっとだけお酒を飲んでほろ酔いの状態になったのが好きだから。夜お風呂に入る前体重を量ってみたらびっくりしました。1キロも太ったね。一日だけで。
昨日娘の幼稚園のカーニバルの日です。朝からものすごく忙しかった。いつも園バス来る前家事は全て終われるはずだったのに娘の髪をちょっとややこしく編み込みして時間をかかったしドレスを着させるのもちょっと時間がかかりました。
午前中は在宅の仕事をしてやっと終わったごろ息子と一緒に買い物に行きました。12時半から帰ってきてすぐ晩御飯を先に準備してまた娘の幼稚園までお迎えにした。
昨日の夜体重を量ったらその太った1キロはすぐなくなりました。よかった!

外人のお手伝いさん

台湾の家庭に外人のお手伝いさんはいるのが珍しいことではないです。夫婦とともに働いてるので家の中に体が不自由なお年寄りや赤ちゃんがいればお手伝いさんは必要です。そういう条件に満ちられたら外人のお手伝いさんを申請できます。
昔はうちのおばあちゃんが脳卒中で倒れてしまったのでお手伝いさんを申請しました。うちの中に一緒に住んでいました。おばあちゃんの手伝い以外にも家事や料理を作ってくれます。自分の部屋はある。食事をするときお皿を持って部屋に戻ってデスクで食べてた。家の人と一緒に食べるのはだめです。そういうルールあるらしい。
日本に来たらそういう外人のお手伝いさんはいないことが気づいた。もしいれば絶対便利だと思います。

風邪気味

前日息子は夜掛け布団をけっばなしでちょっと風邪気味になってしまった。人はそれぞれの体質があると思う。息子の場合はいつも風邪をひいたらすぐおなかが痛いって言ってた。最初は寒げだから鼻水が出てしまって無視したらだんだんばいきんがおなかの中に進んでいく。結局おなかが痛くようになる。
うちは大した病気じゃなければほとんど病院に行きません。子供は全てただだけど行くのは並ばせるしほかの子から移されちゃうおそれもあります。家の中に常に漢方が用意してあるから症状によって飲ませる薬も違います。
結局おなかが下して食欲もなくなった息子は三食後ちゃんと漢方を飲んだら徐々に回復してきた。一日だけでまた食欲は戻ってきたし鼻水も止まった。

大活用するAPP

今週末三連休だから旦那の実家に帰ります。多分二泊に泊まります。旦那の実家にもパソコンあるけど義理父のものなんです。行くならいちばん心配のはやはり翻訳の件ですね。今は仏教の辞書を翻訳しています。最初はつまらないと思ったけど意外といろいろな勉強ができます。心も穏やかになりました。
翻訳するならofficeのソフトウェアが必要ですね。最近結構活用できるアプリを見つけました。iphone用のアプリであります。Quickofficeという名前ですがもしiphonやipadをもってるならwordやexcelなど使いたいときこのアプリをダウンロードしたらタダで使えます。もう一つ便利なアプリも見つけた。Dictationという音声のアプリです。喋りながら全て文字になってくれます。コピーしたらwordにして文章が完成だ。